MENU

生活の改善とヨガでダイエットに成功(男性/20代)

男性

私は、生活の見直しとヨガでダイエットに成功しました。ダイエット前は、163cmで57kgでした。特に太っているわけでもないので、ダイエットしようと思ってしたわけではありませんでした。生活が不規則になり、運動不足になっていたので、生活を改善し、健康的な肉体を手に入れることができたらいいなぁと思い、始めたことがダイエットにつながりました。

 

まず、不規則な生活の改善から始めました。朝6時に寝て、昼に起きるような生活をしていたので、夜に寝て、午前10時には起きることを目標にしました。いきなり早くは眠れないので、午前4時に寝ることを目標にして、クリアできたら、次は午前3時半というように少しずつ寝る時間を早くしていきました。2週間くらいかけて、午前1時に寝て午前8時に起きられるようになりました。

 

食生活も変えていきました。以前は、朝、コンビニで買った、6枚入りの食パンを食べ、昼は食べずに、夜はコンビニ弁当を食べていて、野菜を摂ることをしてこなかったので、夜は、スーパーの惣菜コーナーでサラダを買い、弁当も鮭弁当などカロリーが低そうなものを選ぶようにしました。朝は、パックのごはんにインスタントの具だくさんの味噌汁を食べるようになりました。昼は食べていません。

 

自炊をしようとも試みたのですが、続かなかったので、無理はしないで、食事は買うことに決めました。もともとジュースも飲まず、お菓子もほとんど食べなかったので、間食はしていません。あと、健康のために水を毎日2リットル飲むことにしました。水をたくさん飲み、食事を変えただけで、気分も変わり、集中力が高まったような気がします。

 

運動は、ランニングをしようと思ったものの、面倒くさくて始められないまま、1週間が経過したので、断念しました。母親がヨガをやっていたことを思い出し、話を聞いてみると、アシュタンガヨガという種類のヨガが、運動量が多くて良いとのことだったので、インターネットで調べて、近くの教室に通うことにしました。週に2回、1時間15分のコースを選択しました。

 

最初はハードに感じましたが、徐々に慣れました。汗がよく出て気持ち良かったですし、背筋も伸びて、姿勢がよくなりました。体が硬かったので、先生に家でもできるストレッチを聞いて、それを自宅で行いました。
睡眠と食事の改善、ヨガの3つを並行して始めました。すると、2週間たったあたりから、起きてから体調もよく以前より疲れにくくなりました

 

ヨガも少しずつ、色々なポーズができるようになりました。健康的な体を作ると決めてから、1か月たったあたりで風邪になり、病院に行きました。そこの病院に身長計、体重計があったので、測定してみると、164cmで52kgでした。身長が伸びたのに、体重が減っていることに驚きました。身長は、ヨガで姿勢がよくなったので伸びたのだと思います。とにかく、1か月で5kgのダイエットに成功しました。

 

ダイエットに成功した理由は、ストレスがなかったことが大きいと思います。健康的な体を作ることを目指していたので、体重計にも乗っていませんでした。体重を減らさなくてはと焦ると、思うようにいかないとき、ショックを受けると思います。健康になるんだという気持ちで、生活を改善していくと、ストレスもないですし、結果的にダイエットになって良いと思います。

ダイエット成功法。必要なのは足し算と引き算だけ(男性/40代)

女性

私は現在40歳台の男性です。学生時代はスポーツをしていたこともあり、自分でいうのも何ですが細マッチョの良い体をしていました。それが、30歳を超えた頃からどんどん体重が増え始め、年に2?3kgずつくらい太っていってしまいました。

 

もちろん、そんな状況はまずいと思い、よくダイエットを思いついては食事の量を減らしたり、運動をたまにやったりということをしていましたが、大して成果が出ないまままた元の生活に戻り、順調に体重が増え、体型もまるくなる一方の状況が続いていました。でも、40歳になってすぐの頃の人間ドックの結果を見て愕然、「再検査」の文字が書かれていたのです。

 

肥満からくるコレステロール値や諸々の異常数値が記されていました。これはいかんと今度こそダイエットを成功しなければ、命にかかわってくるという思いで、それまでと違う方法でダイエットを行い無事半年間で約10kgの減量を達成しました。そのときにどの様なダイエットを行ったかといえば、やっていること自体は特段真新しいことではありません。

 

基本的には食事の量を減らす、体を動かす、この2点です。ただし、それまでやってきたダイエットと異なることがあります。ひとつは、記録するということ。もうひとつは、習慣化するということです。まず、「記録する」ということですが、これはスマホのアプリを使いました。一日に摂取して良いカロリーを設定しておき、毎食後に摂取した食事のカロリーを入力していくのです。

 

でも、いちいち食事のカロリー数を調べる必要はありません。アプリに色々な食べ物があらかじめ登録されており、その食べ物を選ぶだけで自動的にカロリー数を登録してくれるので手間が掛かりません。この足し算で一日にどのくらいのカロリーを摂取しているかを管理します。また、もうひとつの習慣化ですが、それまでのダイエットで運動をしてもすぐに効果はでないため、長続きしませんでした。

 

そこで、日々の生活の中に運動する=カロリーを消費することを追加してみました。具体的には、通勤の時に少し手前の駅で降りて歩く、少し先の駅まで歩いてから乗るということです。少しでも歩くということを生活に追加したのです。歩くと当然カロリーを消費しますから、先ほどのカロリーを記録するアプリには、歩いた分消費したカロリー数をマイナス登録します。

 

つまり、引き算です。たくさん歩けばそれだけ消費するカロリーも多いですから、もしいつもより多く食べたいとき、食べてしまったときは歩いて余分に取ったカロリーをリセットしていました。このことで、感覚では無く、実際に摂取して消費したカロリーが把握できるようになり、確実にダイエットの成果が出たということです。

炭水化物を減らすダイエット

男性

私は今、ダイエットの真っ最中です。人間ドックを毎年受けているのですが、内臓脂肪がなかなか減らずに悪戦苦闘していました。というのも、運動は普段からあまりしませんし、ご飯はよく食べていたので当たり前といえば当たり前ですよね。

 

今年我が家に第2子が生まれるので、これを機会に身体を絞って健康的に痩せたいと思ったのがきっかけです。ただ、運動は時間的にも気持ち的にもなかなか思い立てず、食事から見直す事にしました。これまでは朝にパン、昼と夜にご飯や麺類をかなりしっかり食べていました。時にはこれにおやつが加わる事もあり、毎日のカロリーは高い状況でした。

 

まず、この食生活を何とかしたいと思いました。とはいってもいきなりなくすのはたぶん続かないと思ったので、炭水化物の接種量を減らす事にしました。最初は夜の食事のご飯を少しずつ減らしていきました。次に芋類、麺類を減らし、その代わりに野菜や豆類を食べるようにしました。夜は寝るだけなので減らしても影響しないだろうと言い聞かせていきました。

 

最近では、夜はご飯を食べる事はなくなりました。朝昼は完全に抜かずに並盛りだった量を小盛りに減らしたり野菜を代わりに食べるようにしました。他の食品にも炭水化物は多少含まれているので全く0にはできませんが、主食の炭水化物の量を減らす事で全体の接種カロリーを減らす意識をしました。1ヶ月で3キログラム痩せ、内臓脂肪も2%減りました

 

減らす事によるメリットは日中は量を減らすだけなので食べられないストレスはそれほどありません。夜は週末にだけ白米を食べるのですが、我慢している分これまでよりも白米のおいしさを感じられます。現在1ヶ月で3キログラム減で維持をしており、良くも悪くも停滞しています。今後は夜の白米以外の炭水化物を減らし、豆腐やこんにゃくなどの低カロリー食品に変えていきます

 

あとは、昼の炭水化物も少しずつ減らしていく事で、さらに体重と内臓脂肪を減らしていきます。運動がなかなかできない方には自分のペースでできるのでオススメです。